武蔵村山正徳会 つむぎ保育園

SDGs

つむぎ保育園は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

お問い合わせ

職員紹介

つむぎ保育園の職員をピックアップしてご紹介します。保育士になったきっかけや保育で大切にしていること、嬉しかったエピソードなどを聞きました。

かわしま園長先生

かわしま園長先生

私が保育士になったのは、先生からいただいた手紙がきっかけでした。
小さい頃、私はからだが弱くて保育園も半年程しか行けず、特に冬はすぐに風邪をひいてしまうので、ずっと家にいるような子どもでした。小学生に上がった後で保育園の先生から「元気にしていますか?」というお手紙をいただいたのですが、それが本当に嬉しくて。私もそんな先生になりたいと思い、保育士になりました。

今は園長を務めているので担任を持っていないのですが、それでも子どもたちから「かわしませんせい、昨日こんなことがあったんだよ」などと名前を呼んで話してくれると嬉しいですね。

つむぎ保育園は園舎も明るく、職員も明るいところがいいと思います。保護者の方は先生たちに話しかけづらい部分もあると思いますが、ご家庭での出来事など、どんなささいなことでもぜひお気楽にお聞かせください!

せきや先生

せきや先生

私は子どもが本当に大好きで、保育士になりました。
子どもたちを見る時はいつも一人ひとりの様子を観察して、ちょっとした変化に気づけるように心がけています。顔の表情はどうかな?いま元気かな?お友達とけんかしちゃったかな?とか。いつも顔を見ているとささいな変化も分かるので、そういう時は声をかけたりして1日1日を笑顔で終えられるように、と思っています。

子どもたちは毎日少しずつ成長していきますが、小さな子がひとりでズボンを穿けるようになったり、できないことがきるようになったら「やったね!」と嬉しくなります。ささいなことでも、その子にとってはひとつの進歩なので。0歳で入って元気に卒園していく姿を見ると、何とも言えない想いが込み上げてきますね。

つむぎ保育園のいいところは、職員が子どもたちみんなのことを知っていることだと思います。クラスの垣根を超えて様子を見たり、一緒に遊んだり。どの子でも名前を聞けば職員全員が知っていて、みんなで見守っている。そんなところが私は素敵だと思っています。

ささき先生

ささき先生

私は歳の離れた弟の面倒を見ることが好きだったので、子どもと触れ合ったり、成長を見守れる仕事に就きたいと思い、保育士になりました。

子どもと触れる時には目線を合わせて笑顔で関わることを大切にしています。
クラスに他の国から来たばかりの子がいたのですが、日本語がわからず、初めは先生の名前も呼べませんでした。でも、毎日かんたんな日本語で話しながら関わっていくと、ある日「ささき先生!」って呼んでくれたんです。それから毎日友だちの名前を教えながら過ごしていると、周りの子どもたちもその子に話しかけてくれるようになりました。気づけばみんなで仲良く遊んでいて、とても嬉しかったです。

つむぎ保育園はきれいな園庭があり、近くに公園もあるので、子どもたちがのびのびと過ごせるところがいいと思います。私も子どもたちと成長しながらがんばっていきたいと思っています。

たなか先生

たなか先生

私が保育士になったのは、歳の離れた妹の面倒を見ているうちにそういう仕事に就けたらいいなと思ったことがきっかけでした。

初めの頃は失敗したり、なかなかうまくいかないこともありましたが、それでも行事などで子どもが元気に楽しんでいたり、できなかったことができるようになっていくのを見ると、保育士になってよかったと思います。

毎日のクラス活動では、子どもが自分で考えて行動できるように見守ることが多いのですが、困っている時や方法がわからない時はこちらから伝えてあげたり、考え方を教えてあげたりしています。成功体験ももちろん必要ですが、失敗した時は次にどうすればいいのかを子どもと一緒に考えていけたらいいなと思っています。

園の先生と保護者の方という関係はコミュニケーションがとりづらい部分もあるとは思いますが、つむぎ保育園は明るい職員が多く、保護者の方も親しく接してくださる方もたくさんいらっしゃるので、これからもいい関係を築けていけたら嬉しいです。